横浜で借りる格安バーチャルオフィス

横浜で格安でバーチャルオフィスを借りるにはどうすれば良いのかを説明します

バーチャルオフィスは横浜が人気

バーチャルオフィスとは、起業をする人が事業を始める際に、住所、電話番号、FAX番などをレンタルすることをいいます。事業所を設立するよりも安く手軽にできるので利用する人も多くなってきています。バーチャルオフィスは物価の高い都会での利用者が地方に比べると多いことから、今回は都会の1つである横浜でバーチャルオフィスを利用する際にどのようにレンタルしたらいいのかなどをご紹介します。バーチャルオフィスを選ぶ時には、まずネットで調べてみましょう。横浜のバーチャルオフィスで検索すると、料金や人気ランキングなどが分かりやすく記載されているサイトもあるので、とても参考になります。バーチャルオフィスには、住所貸し、郵便受け取りなどの付随するサービスも様々なので、自分がどういうサービスを求めるかも検討していきます。

横浜など都会のバーチャルオフィスのメリットとデメリット

バーチャルオフィスのメリットは、先にも述べたようにやはり価格が安いというところです。レンタルオフィスのように保証金や敷金などもかからないので起業したいが資本金が用意できない人にとってはうれしいものです。物価の高い横浜などの都会でも、高くて数万円ほどのコストで済みます。また住所が自分で好きに選べるというのも人気の理由の1つです。デメリットとしては、法人の銀行口座開設が困難である、社会保険や雇用保険の申請ができないなどが挙げられます。企業相手へのビジネスだとバーチャルオフィスだと多少不利になることも出てきます。気軽に利用できることから、出会い系のサイト業者によって悪用される例もあるので、バーチャルオフィスにあまりいい印象を受けない人もいます。企業相手にビジネスする際は、費用がかかってもレンタルオフィスを利用した方がうまくいく可能性は高いかもしれません。

横浜でバーチャルオフィスを借りる際に気を付けたいこと

バーチャルオフィスのメリット、デメリットを把握した上で、さらに気を付けたいことは同じ住所を複数の会社が使用することがあるということです。複数の会社が使用している住所だと分かるとバーチャルオフィスだとわかってしまい信用度が低くなり、ビジネスにも悪影響が出てくる可能性も高いです。横浜の一等地の住所を使用することが可能な反面こういったこともあるということも覚えておきましょう。また、会社の登記を断られるケースもあるので、契約する前に確認しておくことが大切です。電話サービスが受けられるバーチャルオフィスでは登録しておいた電話番号に転送された際の対応が良くないこともあるようなので、サービスを受ける前に対応に問題がないかみておくことをおすすめします。手軽に安く借りられるバーチャルオフィスですが、賢く上手に利用する為にも借りる前にいろいろ確認しておきましょう。

お申込みや各種お手続きのお問合せ:03-6868-6000(9:00~18:00 土・日・祝を除く) こちらになります。 郵便物の受け取りに関しては引き取りと転送からの選択が可能となっております。 賃貸事務所よりも格安なバーチャルオフィスであなたのお仕事が始められます。 当社は転送電話の機能をご利用頂くことも可能となっております。 バーチャルオフィスを横浜でお探しの方はこちら